革に書いた書作品「不動心」「一鳴驚人」【革書】

革に書いた書作品「不動心」「一鳴驚人」【革書】

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

前々から手掛けたいと考えていた、レザークラフトの書作品がようやく完成しました!

大きさは大体、横60cm✕縦30cmくらいで、飾る場所に合わせて大きさを決めました。

革だと両面使えるから、1枚で2作品出来てお得(笑)

『 一鳴驚人(いちめいきょうじん)』

レインボーの方の文字は、『一鳴驚人(いちめいきょうじん)

普段は目立たなくても、いざとなったら驚くような力を発揮する。というような意味合い。

ヌメ革の表面を自分でレインボーに染色したものをベースにして、銀墨汁と墨で書いています。

『不動心』

もう一つは『不動心』

こちらは革の床面の風合いを生かしてレザーコートをして、墨だけで書いています。

ちょっと木目っぽく見えるかもしれません。

天地を表と裏で逆にしたので、見た目にもかなり違いますね。

ずっと革と書のコラボ作品を作りたかったのが、ようやく実現しました。

いつも好き勝手にやらせてくれる先生に感謝です。

自宅書道教室の壁面に飾ってありますので、良かったらご覧になってみてくださいね。


大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。