小学生の毛筆「金魚」ビフォーアフター/鎌倉市長谷の書道教室

小学生の毛筆「金魚」ビフォーアフター

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

小学三年生の生徒さんが書いた「金魚」

子供が半紙に2文字書くと、どうしても1文字目が大きくなって、2文字目が入らなくなってしまうことが多いようです。

半紙を半分に折って、折り目をガイドにしても難しいことも。

この「金魚」も「魚」の下4つの点がなかなか入らなくて何度も書いていました。

 

そういう時は書いている目の前でひたすら声掛けです。

「その部分はもっともっと小さくしてみて」

「次の線の長さはどうなってる?」とか。

自分で答えを見付けてもらうことも大切ですが、見付けられないときは助け舟を出す。

子供だけでなく大人も一緒ですね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。