普段、ほとんど使わない平仮名「ゑ」/鎌倉市長谷の書道教室

普段、ほとんど使わない平仮名「ゑ」

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

平仮名の基礎に取り組んでいる生徒さんのビフォーアフターです。

 

平仮名の「ゑ」は普段ほとんど使わないですよね。

他には「ゐ」も現代文には出てこないですが、書道をやる上では結構、頻繁に使います。

特に古典の臨書にはたくさん出てきますね。

 

「ゑ」の下部分の点の数が、3つなのか4つなのか迷う人が多いのですが、3つが正解です。

理由は「ゑ」の元の漢字でもある「恵」の「心」の部分は、「心」と言う漢字が崩れた文字(草書)になると点3つになるからです。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。