スピードに変化をつけて線に変化を出す/鎌倉市長谷の書道教室

スピードに変化をつけて線に変化を出す

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

こちらは競書の課題(漢字の草書)に取り組んでいる生徒さんです。

草書を書く時は、楷書(崩していない文字)と違って線を書くスピードに変化をつけて、墨がたくさんついている線、擦れている線を使い分けます。

 

最初の文字を書く時は墨がたくさんついているので擦れた線を入れにくいのですが、そこはスピードをつけて書いたり、逆筆で書き始めると入れやすいです。

逆に墨がなくなってきた時は、毛の根元から墨が下りてくるのを待ちながら、ゆっくり書いてみてください。

 

多分、生徒さん達は早く書いたり、ゆっくり書いたりしているのだと思いますが、実際にはそんなにスピードの変化はないことが多いです。

自分が思っているよりも大げさに大胆にやってみるといいですね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。