文字の中心から左右対称の幅になるように/鎌倉市長谷の書道教室

文字の中心から左右対称の幅になるように/鎌倉市長谷の書道教室

文字の中心から左右対称の幅になるように

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

定期レッスンで平仮名の基礎に取り組んでいる生徒さん。

書いている姿勢がとっても美しい!

 

そしてこちらはレッスンで書いてくれた平仮名の「い」と「ろ」

平仮名って文字の中心から左右対称の長さにする線や、左右対称の幅にするとバランスが良くなる文字がたくさんあります。

平仮名の「い」の場合だと、一画目と二画目を文字の中心から左右対称の位置から書き始めるといいです。

 

画像左側の「ろ」を見ると、一画目の横線が文字の中心から左右対称の長さではない(左の方が長い)ので、文字が傾いて見えます。

「ろ」は一画目の横線を文字の中心から左右対称の長さに、最後のハライがある線も左右対称の幅にして書くのがポイントです。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す