ポイントはハライの長さと文字の幅/鎌倉市長谷の書道教室

ポイントはハライの長さと文字の幅

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

定期レッスンで平仮名の基礎に取り組んでいる生徒さん達のビフォーアフター作品です。

ちょっと「す」の縦線が曲がってしまっていますが、「す」と「ゆ」の共通点は上手く捉えて書けています。

ポイントは最後のハライの長さです。

書いたことがある生徒さん達は、どんな所に気をつけて書くといいのか思い出してみてくださいね。

 

「ろ」と「る」は似ていますが、共通点ではなく異なるところに注目してみます。

ここでのポイントは文字の幅

レッスンの時にどっちが幅広でどっちが細めなのか、その理由もお話していますので、ここもしっかり覚えておいてくださいね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。