平仮名をどうやって続けて書くのか/鎌倉市長谷の書道教室

平仮名をどうやって続けて書くのか/鎌倉市長谷の書道教室

平仮名をどうやって続けて書くのか

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

定期レッスンで中筆を使った変体仮名に取り組んでいる生徒さんのビフォーアフター作品です。

これは田邊古邨先生の「わかくさ帖」と言う本を元にしているのですが、平仮名をどうやって続けて書くのか、とても参考になります。

また筆の裏表を使う部分もたくさんあり、今まで楷書しか書いたことのない人にとっては、最初はかなり難しい書体ですね。

どこで筆を置いて、どこで筆を上げていくのか、お手本を観察すると見えてきます。

お手本を見過ぎると線が曲がったりしやすいので、出来れば文字の形と繋げ方を覚えてしまうと良いです。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す