お茶会の会記を書かせて頂きました【代筆】

お茶会の会記を書かせて頂きました【代筆】

共通の知人からの紹介で、お茶会の会記を揮毫させて頂きました。

お茶会の会記は、以前も筆耕依頼を頂いたことがあるのですが、

流派が異なっていたようで、形式も違っていました。

 

今回、紙は、手漉きの奉書紙を使用しています。

 

メールでご依頼いただいたあと、文字データと過去の会記を送っていただき、

まずは下書きを書いて、ご依頼主様にご確認いただきます。

 

下書きの段階で、行数に対して、どれくらいの文字幅と行間にするか、

事前にしっかりと計算して配置します。

 

会記はそれぞれの段の頭をきっちり揃えること、

行間を同じにすること、そして文字の大きさに注意して書きます。

 

行によって、文字数が違うので、文字数が多いところと少ないところで、

見た目のバランスが違って見えないように、

横幅は同じになるように書くのが難しいです。

 

そして同じものを複数枚、書くことがほとんどなので、

全て同じになるように書く必要がありますね。

 

清書よりも下準備にかなり時間をかけていて、下準備を万全にして、最後に清書に臨みます。

 

メールでのご依頼は、直接お会いすることがないので、

何度もメールのやり取りをすることになりますが、

ご依頼主様のご希望に最大限添いたいと考えています。

 

完成品をお受け取りいただいたときに、

「依頼して良かった」と思っていただけたら、とても嬉しく思います。

 

今回の会記も、無事にお茶会が終わった後に、ご報告のメールを頂戴し、嬉しく拝見しました!

 

筆耕・代筆などのご依頼は、お気軽にどうぞ。

こちらのブログに掲載していないものでも、ご相談くださいね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

台風の後に作品書き/鎌倉市長谷の書道教室

台風の後に作品書き/鎌倉市長谷の書道教室

台風の後に作品書き こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。 台風の翌日と翌々日は家族が早く寝たので、公募展の作品書きをしました! 尺八屏と言う大きさで、昨年度に比べると文字数が1/4くら

コメントを残す