お手本は「見る」ではなく「観る」/鎌倉市長谷の書道教室

お手本は「見る」ではなく「観る」

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

中筆の定期レッスンに来てくれている小学生の男の子。

体験レッスンの時は硬筆だったのですが、筆の方がやりたい!との事で毛筆でのレッスンにしました。

本人からの希望で、夏休み中は普段よりレッスン回数を増やし、保護者の方のご希望で平仮名を集中してやることに。

小学生が1回のレッスンでどれくらい変化するのかと言うと・・・。

結果はご覧の通り!

半紙に3文字書くのは初めてだったのに、バランス良く書けていますね。

 

大人も子供もそうですが、お手本をしっかり観る(観察する)ようにクセをつけておくといいですね。

お手本て見方によっては、全然ちゃんと観ていない。なんてことも多いのです。

 

全体的な文字のバランス、線の長さや太さ、書き始めの位置、墨はどこでつけているかetc

挙げだすとキリがありませんね。

お手本は「見る」ではなく「観る」です。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。